レオ様にっき ~埼玉西武ライオンズファンブログ~


ライオンズファンのライオンズファンによるライオンズファンのためのブログです。

順位予想


CATCH the FLAG 2018
栄光をつかみ獲れ!

2013年セリーグ順位予想

2013年はセリーグのみ、予想を書いてみようと思います。

今年のポイントは
・WBC開催による選手への影響の有無
・3時間半ルール撤廃にとる投手力強化
・カープ16年ぶりAクラスか


1位
読売ジャイアンツ

圧倒的戦力で独走か。WBC組が抜けたオープン戦を見ていても先発投手の穴が無く、リリーフ陣も盤石。マイナス要素が見つからない。


2位
広島東洋カープ

前田、大竹、福井といった先発投手陣の安定感で大崩れはしない見込み。思い切って2位予想。
攻撃面では菊池、丸の1、2番が非常に楽しみ。特に攻撃型2番の丸選手がはまれば非常に面白い存在に。
不安は主砲である栗原健太選手のケガでしょうか。


3位
中日ドラゴンズ

インフルエンザなどの影響でオープン戦の結果は最下位と振るわないものの、投手王国は健在。外国人の活躍次第ではもう少し上の順位か。
高橋周平選手は将来のスター候補。今年から使って近い将来は球界を代表するスター選手になってほしい。期待料も込め3位に。



4位
阪神タイガース

新加入の西岡剛選手が戦力としても、精神的支柱としても大きくプラスか。
先発投手陣は榎田投手の配置転換で多少のプラスか。藤川投手の代わりとなる久保投手がどこまでやれるかもカギになります。


5位
東京ヤクルトスワローズ

個人的にはもっと上の順位を狙えるチームだと思います。
ただ外国人選手と複数年契約を結び、そこがどう出るか。外国人選手次第。和製大砲である畠山選手にもっと頑張ってもらいたいところです。
先発投手陣は館山、石川、村中の3本柱は期待できるはずです。
もちろん2位まで食い込めるチーム力は持っているはずですので、ちょっと辛い予想になりましたが期待できるチームであると思います。



6位
DeNAベイスターズ

やはり厳しい。ブランコ選手の加入でクリーンアップに厚みが増した打線は魅力。
ただこのご時世、絶対的先発投手を作らないことには勝てない。3時間半ルール撤廃でさらに投手力が求められます。
加賀美投手は少しの工夫で15勝できる投手です。こういった日本人投手が出てくれば当然最下位などあり得ませんから、そこに期待します。






セリーグの2位~5位は混戦であると思われます。
2位予想のカープであれCSを逃すことも、5位予想のスワローズであれ2位通過することも可能でしょう。
もちろん、1位予想のジャイアンツも何が起きるかはわかりません。
各チーム優勝目指して頑張ってほしいところです。




DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト


埼玉西武ライオンズ ブログランキングへ

2012年 プロ野球順位予想 パリーグ

<順位予想>
1位 埼玉西武
2位 福岡ソフトバンク
3
位 千葉ロッテ
4位 オリックス
5位 日本ハム
6位 東北楽天




<解説>
ソフトバンク:打線○、機動力◎、守備力◎、投手力(先発)○、投手力(中継ぎ以降):◎
日本ハム:打線○、機動力○、守備力○、投手力(先発)△、投手力(中継ぎ以降):○
埼玉西武:打線◎、機動力◎、守備力○、投手力(先発)◎、投手力(中継ぎ以降):○
オリックス:打線○、機動力△、守備力○、投手力(先発)○、投手力(中継ぎ以降):◎
千葉ロッテ:打線○、機動力○、守備力◎、投手力(先発)○、投手力(中継ぎ以降):△
東北楽天:打線×、機動力◎、守備力△、投手力(先発)△、投手力(中継ぎ以降):△



ライオンズとホークスの一騎打ち。
直接対決で勝ち越したほうが優勝!


両チームのキーマンは、
ライオンズ:涌井秀章投手
ホークス:内川聖一選手


でしょう。

ホークスは先発投手陣3名が抜けましたが、全部とは言えないものの大部分を補える若手投手、外国人が多く存在します。打線では内川選手が今シーズンもホークスを引っ張るとっても過言ではない。
マイナス面と言えば、ショート川崎選手の穴でしょうか。これは先発3本柱流出よりもダメージは大きいと思います。明石選手、今宮選手あたりの争いとなるでしょうけど、どこまで穴を埋めることができるか、注目です。

ライオンズは中島選手の残留、エリンケ・ゴンザレスのクローザー確定が大きくプラスに働く。
また涌井投手、岸投手の2本柱は昨年のような共倒れは考えにくい点を考慮。
他にも先発要員として、十亀投手、大石投手、菊池投手など、人材豊富である点を考慮。
片岡選手の出遅れもエステバン・ヘルマン選手で穴埋めが可能であると思います。
この2チームが優勝争いをすると見ていいでしょう。

3位争い、本命は千葉ロッテマリーンズ。
マリーンズは昨年は最下位と低迷しましたが、原因はフロントが原因なのは明らかです。戦力的に劣っているわけではありません。
藤岡投手の加入で成瀬投手、唐川投手に続く3本柱誕生の可能性を予感させます。
また精神的支柱となるサブロー選手の復帰が野手陣では非常にプラスに働くでしょう。

オリックスに関しては李大浩選手がどのくらい活躍をするのか。
完全に期待外れに終わった場合、かなりの苦戦を強いられるでしょう。
本日復帰が発表された井川投手ですが、正直どこまでできるのかわかりません。活躍するようであれば当然上位も脅かす存在になると思います。
オリックスバファローズの場合には「たられば的」要素が多いので、予想はしにくいですね。

北海道日本ハムファイターズはやはり精神的な支柱であったダルビッシュ投手の穴は大きすぎるのと、斎藤祐樹投手への依存度が大きいでしょう。武田勝投手を差し置き斎藤投手を開幕投手に指名するあたり、解説者出身の監督だな、と思います。
これが吉と出るか凶と出るか…でしょうか。

【3/29追記】
失礼しました。楽天イーグルスの解説が抜けていました…
岩隈投手、山崎選手という主力が抜け、厳しい戦いが予想されます。
新聞報道などでは岩隈投手の部分が多く書かれていますが、私は山崎選手穴の方が実際大きいと思います。4番が抜けるという事は攻撃陣のマイナス面は計り知れません。4番打者はなかなか簡単には出てきません。
松井選手、岩村選手、鉄平選手の活躍は見込めませんし、リリーフ陣も比較的手薄ですので、相当苦しい戦いになると思います。


今シーズンのパリーグは3位以下の争いは熾烈であると思います。
つまり3位争いは非常に熱いでしょう。よってどの球団も日本一のチャンスがあります!
またライオンズやホークスに何かあれば優勝の行方も全くわかりません。

さて、3/30はいよいよ開幕です!
今年はどんなシーズンになるか、楽しみですね!







埼玉西武ライオンズ ブログランキングへ

2012年 プロ野球順位予想 セリーグ

<順位予想>
1位 東京ヤクルト
2位 読売
3位 中日
4位 横浜DeNA
5位 広島
6位 阪神




<解説>
中日:打線△、機動力○、守備力◎、投手力(先発)○、投手力(中継ぎ以降):◎
ヤクルト:打線○、機動力◎、守備力○、投手力(先発)◎、投手力(中継ぎ以降):○
読売:打線○、機動力△、守備力△、投手力(先発)◎、投手力(中継ぎ以降):△
阪神:打線○、機動力○、守備力×、投手力(先発)○、投手力(中継ぎ以降):○
広島:打線△、機動力○、守備力○、投手力(先発)◎、投手力(中継ぎ以降):△
DeNA:打線○、機動力◎、守備力○、投手力(先発)○、投手力(中継ぎ以降):○


上記のデータで重視すべきは「守備力」と「投手力」。次に機動力でしょう。
各チームの戦力補強に関しては、過剰でもダメ、補強しなさ過ぎてもダメ。戦力バランスが重要でしょう。


という図式に当てはめると…

思い切ってヤクルトを優勝と予想しました。
ヤクルトは昨年の優勝争いの経験は非常に大きい。これはお金で買うことができない、戦力と同等の価値があります。また若手の成長著しいチームに宮本選手という大ベテランがいる。非常にバランスのいいチームです。マイナス面と言えばイム投手の離脱です。増渕投手がハマれば、間違いなく上位躍進でしょう。
私は「名将 小川淳司監督」に賭けてみたいと思います。小川監督についていけば間違えないでしょう。

続いて先発投手力を買い、読売。
これだけ先発投手陣が揃えばそれなりの戦いができるはず。

中日の主力高齢化は確かに気になります。しかし前政権で鍛え上げられた選手たちをまとめる谷繁選手が居るうちはある程度計算が立つと思います。

阪神はマートン選手がいつ復帰するか。外野陣の守備力は大きなマイナスポイントとなります。
今年初めは阪神を優勝候補と見ましたが、現状を見ると厳しいのでは?と思います。
マートン選手が復帰しないうちは厳しい戦いを強いられる。ブラゼル選手の外野での起用はリスクが高すぎます。

広島は5位という予想です。
若手先発投手の充実は評価したいところです。問題はサファテ投手なでどうつなぐか。
前田健太投手以外は完投能力がいささか疑問です。
あとは中軸を打つ打者がどう躍進するか、にかかっていると思います。あとは監督次第でしょうか…

最後にDeNAをどう見るか…
これは非常に難しいですね。ただ、梶谷選手を中心とした機動力は大きな武器となります。
先発陣もかなり整備されてきました。高崎選手、国吉選手とブランドン・マン選手が中心となりそうです。
中畑新監督がやりたい野球をできれている感じがしますので、大方の最下位という予想ではなく4位と予想します。
見る限りブランドン投手はかなり勝ち星を計算できそうですね。プラス、三浦大輔投手が復活すると昨シーズンとは比べ物にならないくらいの投手陣になります。よって「やりようによってはAクラス躍進」もあるというのが実際のところでしょう。

よって台風の目は「横浜DeNA」をあげたいと思います。
やり様によってはAクラス進出も充分考えられると思います。

続きはパリーグ。開幕直前にアップ予定です。





埼玉西武ライオンズ ブログランキングへ
おすすめサイト

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

宜しければ投票お願いします
たこやまオススメ商品

自然体

新品価格
¥1,620から
(2015/12/25 08:38時点)

おすすめサイト
QRコード
QRコード