2018.05.26 14:00開始 at メットライフドーム
埼玉西武5-6北海道日本ハム ※延長10回
【勝利投手】浦野(1勝0敗0S)

【敗戦投手】増田(0勝1敗7S)

【ホームラン】埼玉西武:金子侑1号 北海道日本ハム:近藤2号




9イニングを終えた段階で4時間を要した非常に長いゲームになりました。このゲームではストラクゾーンが非常に狭く、投手陣の苦労が見え隠れします。
終盤は点の取り合いになりましたが、5−5で迎えた10回表に鶴岡選手に結晶タイムリーヒットを許して5−6と敗戦となりました。これでメットライフドームでのファイターズ3連戦で連敗をなってしまい、明日3タテ阻止を目指すことになります。万が一、明日負けると貯金が1桁になってしまい交流戦に入りますので、明日は勝っておきたいお所です。ゲーム差は2位ファイターズと2ゲーム差になりましたが、5月のこの時期でゲーム差は関係ありません。貯金をどのくらい作れているか、その判断でしょう。

さてこのゲームでは9番レフトで先発出場した、金子侑司選手の活躍に触れなければならないでしょう。25日のゲームでは最終回代走で出場するも、盗塁失敗となり追い上げムードを潰してしまうミスを犯しました。120%成功しなければ盗塁を試みてはならない場面での痛いミスですが、翌日のこのゲームではまず5打数3安打猛打賞、4打点とバットで活躍してくれました。
特に6回裏の2点タイムリーヒットは2−3と1点を追う場面での打席、2死満塁B2-S2の並行カウントで玉井投手の真ん中ややインコースのストレートを振り抜き、センターへの逆転のとなる2点タイムリーヒット。2球目3球目とストレートに全くタイミングが合わないスイングで空振りを喫していました。その後ファールとボールを見ることでタイミングを図っての1打でした。辻発彦の起用に見事に応えてくれたと思います。まさしく「恐怖の9番」ですし、持ち味の盗塁も決めました。

打線では上位打線の元気がなく、浅村栄斗選手以外の打者になかなか当たりが出ず、苦しい状態です。しかし金子侑司選手が結果を出してくれて下位打線から秋山翔吾選手への繋ぎを作ってくれれば、得点パターンの1つになるかと考えています。

さて投手陣ですが、先発した多和田真三郎投手の後、武隈祥太投手ニール・ワグナー投手増田達至投手の勝ちパターン3名でのリレーとなりましたが、武隈祥太投手と増田達至投手が打たれてしまい、敗戦となってしまいました。勝ちパターンの投手をすべて投入しての敗戦で非常に痛いのですが、ライオンズベンチとしてはこれ以上の投手は居ませんので、致し方ないでしょう。逆に諦めがつきます。
できれば増田達至投手の2イニング目となる10回の続投は避けたかったのでしょうけれど、野田昇吾投手や平井克典投手の調子があまり良くありませんので、抑える確率から言えば増田達至投手の続投になるでしょうし、土肥義弘投手コーチも登板が少なく・・・という説明がありましたのでこれでの敗戦であれば致し方ない、と言うしかないのでしょう。

もちろんファイターズも強いチームでですし、簡単には勝てるチームではありません。しかしこのゲームをメットライフドームで観戦する中で気になる点は、ライオンズの投手陣は「投手ペースとなるカウントに持ち込めてない」ことが気になります。
例えば6回の金子侑司選手が放った逆転タイムリーヒットの直後、7回表に武隈祥太投手がファイターズ近藤選手に逆転2ランホームランを許してしまった場面が一番わかり易いのですが、ライオンズ投手陣は1人の打者との勝負で、2球投げてカウントB2になる場面が多いように感じます。
対してファイターズの特に上原投手は、2球投じて悪くてもB1-S1のカウントに持って行けているのです。これは言うまでもなく、2球でB2(ノーストライク)にしてしまえば、打者の方に大きなアドバンテージが行き、投手としては苦しくなります。よって3球目以降で遊び球を使う余裕がなくなり、無理やりカウントを戻そうとして痛打、という場面が見えます。

この長いゲームの中で、ライオンズ投手陣が与えた四球は4つでしたが、このうちの3つはニール・ワグナー投手がチャレンジ制度による中断もあり、ややペースが乱れた際の四球でした。よってこれ以外は多和田真三郎投手が1つ与えたのみでした。しかし、実際には打者側のカウントでの勝負を余儀なくされる場面が多く、結果としてチームとして被安打13とカウントを取らざるを得ない場面を作って痛打を許していると見ています。
投手側のカウントとペースでピッチングできていたのは、立ち上がり1回2回の多和田真三郎投手と9回の増田達至投手だけではなかったでしょうか。もちろん2球で2ストライクを取れとは言いませんし、打者でも超積極的に打ってくる打者には、若いカウントで安易にストライクを取りに行くことは危険でしょう。しかし簡単に2ボール以上のカウントにしてしまうことで、本来の投手の力を出せずにいることも、チームがなかなか勝てない一因なのかもしれません。

なかなか投手側のカウントに整えられない原因は正直わかりません。森友哉捕手とのコンビネーションなのか、単純に投手側の不調なのか、技術的に制球力が足らないのか・・・
ただ現段階では攻撃力が3月4月と比べて低下していますので、まずは投手陣から流れを作ってみてはどうかと感じます。
ですので明日の予告先発である榎田大樹投手には、持ち前の制球力とテンポを駆使してまずピッチングからライオンズに流れを持ってきてほしいと、期待しています。




SOD(ソフト・オン・デマンド)ch