西武球団の鈴木葉留彦本部長は、ライオンズからFA宣言をしていた野上亮磨投手が読売ジャイアンツへ移籍する、という連絡を受けた事を明かしました。昨シーズンオフの岸孝之投手に続き、2シーズン連続で先発ローテーション投手の流出となり、戦力的には非常に痛い問題となりました。



今回のFA宣言では、ライオンズ残留の他、読売ジャイアンツが水面下で交渉を行っていたようで、3年契約の総額4.5億円での契約になったようです。単純計算すると1.5億/年間となりますので、今シーズンの推定年俸5000万円の3倍増というとこになります。もちろんこの値は単純計算であり、FA移籍翌年の年俸は据え置きというルールがあります。よって2年目3年目の2年間で4億円という形になります。

西武球団が交渉の席で提示した金額は定かではありませんが、おそらく単年ベースで1億円前後の提示ではないかと推測されます。よって3年で1億円以上の金額差がついてしまえば、やはり条件面で厳しいと言わざるを得ません。かといって他球団を含めてジャイアンツと同等の査定をすることはまず不可能ではないかと考えられますので、今回の退団移籍は仕方ないことではないかと個人的には思います。もちろん先発ローテーション投手を失うということは痛いのですが。。

野上亮磨投手の事を考えると、打線の強力な援護、広くホームランが出にくいメットライフドームを本拠地にしていること、指名打者制のパリーグであることを加味しても、西武ライオンズから移籍することはあまり現実的ではないように感じますが、やはり条件面とジャイアンツのブランドという意味で移籍という道を選んだのでしょう。
ジャイアンツの他にもオファーがあった球団はあるようなのですが、より厳しい環境、伝統ある人気チーム、勝てるチームという意味で読売ジャイアンツという球団は移籍するには正解ではないかと考えています。ですので来シーズンこそは高橋由伸監督を胴上げし、日本シリーズでメットライフドームに凱旋してくれれば良いと思います。

ライオンズ側を考えると今シーズン11勝10敗の野上亮磨投手が抜けることになったのですから、やはりその穴埋めをしなければいけません。辻発彦監督の言葉通り、多和田真三郎投手高橋光成投手の奮起が必要で、この2投手がしっかりとローテーションに入ってくれなければ、やはり厳しいでしょう。
また鈴木葉留彦本部長は「人的補償を投手で」という発言をしているようですが、その通りできれば投手がほしいところですね。ただライオンズ側の事情を考えると、投手は数多くプロテクトしてくるでしょうから、そのリストを確認して最適な選手の獲得に動いてほしいところです。
ただライオンズのファームを見ると育成目的の投手は数多くいますので、数年以内に即戦力になりうる30代の投手がプロテクト漏れしていれば、即獲得するべきでしょう。ジャイアンツはイースタンリーグで圧倒的な強さを誇っており、特に素晴らしい投手陣が数多く居ます。そういった投手たちを獲得して育成する手もあるでしょう。しかし移籍したのは先発ローテーションの一角であった野上亮磨投手ですから、将来性よりも即戦力ということになるのではないかと思っています。

ただ西武球団は「投手を獲る」と公言していますので、当然ジャイアンツ側は投手のプロテクトを多くするはずです。それであれば敢えて名前のある野手を獲得して、セリーグ球団との間でトレードを画策するしても良いでしょう。
ある程度の出血は致し方ないと思いますので、やはり先発ローテーションを任せられる投手をしっかりと補強してほしいと思います。

野上亮磨投手にはジャイアンツでしっかりと頑張って欲しいと思いますし、ライオンズは来シーズン戦える戦力をしっかりと整えなければなりません。そのためには人的補償選手の獲得、外国人補強、トレードこれらをしっかりと行ってほしいと思います。




SOD(ソフト・オン・デマンド)ch