週5戦だった日程は今週で終了し、来週25日からはいよいよ6連戦が始まります。ここまでおさらいですが、ライオンズのチーム防御率は2.55とリーグ1位、そのうち先発防御率は3.09、救援防御率は1.48といずれもリーグ1位と投手陣に関しては言う事無い成績だと思っています。
やはり守りから流れを作って攻めに転じる野球が浸透している形でしょう。辻発彦監督が掲げる野球が浸透していると言っていいと思います。しかし辻発彦監督のコメントを聞いていると、まだまだ反省点は多いようですし、自身の采配のミスも認めるコメントもありますし、チームとしての完成度はまだまだなのでしょう。それでもここまで昨年だった負けているゲームを拾えていますし、ファンの目から見ても手応えを感じることが多いはずです。

今シーズンここまでの結果から、やはりシーズン序盤の「週5戦」というスケジュールの恩恵を受けているのがライオンズであると感じています。先発ローテーション投手の層が薄く、5名であれば確保でき、現在は非常に好調な状況です。しかし先発ローテーションが6名必要になったときにどのように転ぶか、これが辻発彦監督にとって最初の試練になるでしょう。
繰り返しになりますが、25日からの6連戦でもう1名先発が必要になります。ですので誰を抜擢するか、これが今シーズン最初の試練でしょう。

まず直近のイースタンリーグの結果を見てみると、第一候補と思われた十亀剣投手が19日のマリーンズ戦で4イニングで7失点と打ち込まれました。フランク・ガルセス投手は16イニング0/3を投げて防御率3.38と何とか及第点、本田圭佑投手が17イニング0/3を投げて防御率2.65と健闘していると言っていいでしょう。誠投手は結果が出ていませんし、岡本洋介投手も初登板では6イニング完全という素晴らしいピッチングを見せてくれましたが、その後は調子が下がり防御率4点台となっています。
また郭俊麟投手佐藤勇投手は投げてもいない、という状況です。ですのでファームの先発ローテーションの状態もあまり芳しくなく、リリーバーを繋いでやりくりするゲームでもあるくらいです。ファームでもリリーバーの層は非常に厚く、人材も豊富です。例えば1軍に上がっていない藤原良平投手などは非常に状態が良さそうで、他球団であれば1軍のリリーバーで戦力になりそうな状況です。
反面先発ローテーション要因の投手はチームを通じて不足気味で、ここの遣り繰り次第が今後のシーズンの戦い方が決まってくるでしょう。

25日迫った6連戦の開始時に先発6番手を誰を抜擢するかは、辻発彦監督や土肥義弘投手コーチも迷いがあるはずです。現在のファームの成績を見ると「これだ」と思える投手が居ないのは実情です。
ただ誰かを抜擢しなければならないので、ここは前回打ち込まれましたが実績のある十亀剣投手か、ファームでそこそこの結果を出している本田圭佑投手に任せるべきではないかと考えています。リリーバーの状態は良いので5イニング~6イニングと割り切れば機能するのではないか、と考えています。

現在好調の5名の先発投手もどこまでいい状態を続けられるか、これにもかかっていると思いますが、直近の課題として、先発6番手をいち早く探して、どの投手が先発してもゲームメイクできる体制を構築することが重要でないかと思います。



SOD(ソフト・オン・デマンド)ch