昨日のドラフト会議で4位指名を受けた、大瀧愛斗選手に関して今回は書いていきたいと思います。



【編成部コメント】
走攻守バランスのとれた、将来性豊かな選手


今回のドラフト指名選手で、野手にはなりますが一番注目をして期待を寄せているのが大瀧愛斗選手です。地元埼玉の花咲徳栄高校出身(大阪府堺市生まれ)、今年の夏の甲子園の三沢商業戦でランニングホームランを放ち、一躍全国的に有名になりました。走攻守三拍子そろった右打ちの外野手です。右打ちの高校生外野手と言えば関東一高のオコエ選手が有名ですが、この大瀧愛斗選手もオコエ選手に引けを取らないくらいの選手でありますし、打撃に関してはオコエ選手よりも上だと思います。

一番のセールスポイントはフィジカルの強さであると思います。特徴としては打球の速さでしょうか。強靭な体からのスイングは力強いですし、178cm82kgと高校生としては非常に体も大きくそれでいて俊足です。50mは6秒とそこそこのタイムなのですが、トップスピードに入るまでの速さが非常に早く、よって守備機会時にもいち早く打球に追いつくことができます。オコエ選手と特徴が似ている選手であるでしょう。
50mや100mのタイムが速くてもトップスピードに乗るまでの時間がかかると外野手としては厳しいのですが、大瀧選手のように走りだしてすぐトップスピードに乗れれば、守備走塁の面で期待できます。

打撃に関して、非常に高い技術と体の強さを持っていますが、スイングの際にバットのヘッドが遅れて出てくるように見える部分があり、ここは改善ポイントになるでしょう。現在のままでは木製バットを使うプロ野球では通用しないと思いますが、逆に言えばしっかりとしたフォームを固めていけば、プロでも将来は何らかしら打撃タイトルを取れるような素質を持ち合わせていると見ています。
守備走塁に関しては外野手ということもあり、プロ1年目からある程度通用するでしょう。ですのでプロ入りしてからキャンプでしっかりと打撃フォームを固めて、木製バットを使っての打撃練習に時間を費やしてほしいと感じています。今シーズンのファイターズ・浅間選手のように高卒1年目となる来シーズンにも数試合1軍でチャンスを与えられるくらいになるかもしれませんが、その時のチーム状況にもよるでしょうか。

どちらにせよ1軍のレギュラー外野手を掴むまでには最低3年程度かかると思います。栗山巧選手の後継者としてレフトのレギュラー、さらに後には秋山翔吾選手の後継者としてのセンターのレギュラーとしての期待がかかります。
しばらくはイーグルスから1位氏名を受けたオコエ選手と比較されてしまうこともあるかもしれませんし、今現在の知名度ではオコエ選手のほうが上です。しかし注目度が薄いということは、それだけ野球に集中できる環境になることは間違いありません。
近い将来はオコエ選手と大瀧選手がパ・リーグを代表する外野手のコンビとして君臨してくれるはずです。その時を楽しみに待ちたいと思います。




SOD(ソフト・オン・デマンド)ch