<順位予想>
1位 埼玉西武
2位 福岡ソフトバンク
3
位 千葉ロッテ
4位 オリックス
5位 日本ハム
6位 東北楽天




<解説>
ソフトバンク:打線○、機動力◎、守備力◎、投手力(先発)○、投手力(中継ぎ以降):◎
日本ハム:打線○、機動力○、守備力○、投手力(先発)△、投手力(中継ぎ以降):○
埼玉西武:打線◎、機動力◎、守備力○、投手力(先発)◎、投手力(中継ぎ以降):○
オリックス:打線○、機動力△、守備力○、投手力(先発)○、投手力(中継ぎ以降):◎
千葉ロッテ:打線○、機動力○、守備力◎、投手力(先発)○、投手力(中継ぎ以降):△
東北楽天:打線×、機動力◎、守備力△、投手力(先発)△、投手力(中継ぎ以降):△



ライオンズとホークスの一騎打ち。
直接対決で勝ち越したほうが優勝!


両チームのキーマンは、
ライオンズ:涌井秀章投手
ホークス:内川聖一選手


でしょう。

ホークスは先発投手陣3名が抜けましたが、全部とは言えないものの大部分を補える若手投手、外国人が多く存在します。打線では内川選手が今シーズンもホークスを引っ張るとっても過言ではない。
マイナス面と言えば、ショート川崎選手の穴でしょうか。これは先発3本柱流出よりもダメージは大きいと思います。明石選手、今宮選手あたりの争いとなるでしょうけど、どこまで穴を埋めることができるか、注目です。

ライオンズは中島選手の残留、エリンケ・ゴンザレスのクローザー確定が大きくプラスに働く。
また涌井投手、岸投手の2本柱は昨年のような共倒れは考えにくい点を考慮。
他にも先発要員として、十亀投手、大石投手、菊池投手など、人材豊富である点を考慮。
片岡選手の出遅れもエステバン・ヘルマン選手で穴埋めが可能であると思います。
この2チームが優勝争いをすると見ていいでしょう。

3位争い、本命は千葉ロッテマリーンズ。
マリーンズは昨年は最下位と低迷しましたが、原因はフロントが原因なのは明らかです。戦力的に劣っているわけではありません。
藤岡投手の加入で成瀬投手、唐川投手に続く3本柱誕生の可能性を予感させます。
また精神的支柱となるサブロー選手の復帰が野手陣では非常にプラスに働くでしょう。

オリックスに関しては李大浩選手がどのくらい活躍をするのか。
完全に期待外れに終わった場合、かなりの苦戦を強いられるでしょう。
本日復帰が発表された井川投手ですが、正直どこまでできるのかわかりません。活躍するようであれば当然上位も脅かす存在になると思います。
オリックスバファローズの場合には「たられば的」要素が多いので、予想はしにくいですね。

北海道日本ハムファイターズはやはり精神的な支柱であったダルビッシュ投手の穴は大きすぎるのと、斎藤祐樹投手への依存度が大きいでしょう。武田勝投手を差し置き斎藤投手を開幕投手に指名するあたり、解説者出身の監督だな、と思います。
これが吉と出るか凶と出るか…でしょうか。

【3/29追記】
失礼しました。楽天イーグルスの解説が抜けていました…
岩隈投手、山崎選手という主力が抜け、厳しい戦いが予想されます。
新聞報道などでは岩隈投手の部分が多く書かれていますが、私は山崎選手穴の方が実際大きいと思います。4番が抜けるという事は攻撃陣のマイナス面は計り知れません。4番打者はなかなか簡単には出てきません。
松井選手、岩村選手、鉄平選手の活躍は見込めませんし、リリーフ陣も比較的手薄ですので、相当苦しい戦いになると思います。


今シーズンのパリーグは3位以下の争いは熾烈であると思います。
つまり3位争いは非常に熱いでしょう。よってどの球団も日本一のチャンスがあります!
またライオンズやホークスに何かあれば優勝の行方も全くわかりません。

さて、3/30はいよいよ開幕です!
今年はどんなシーズンになるか、楽しみですね!







埼玉西武ライオンズ ブログランキングへ