レオ様にっき ~埼玉西武ライオンズファンブログ~


ライオンズファンのライオンズファンによるライオンズファンのためのブログです。


CATCH the ALL
つかみ取れ!

2017.07.26 vs オリックスバファローズ

2017.07.26 18:00開始 at メットライフドーム 
埼玉西武○6-2オリックス
【勝利投手】岡本洋介(4勝0敗1S)

【敗戦投手】松葉(3勝8敗0S)

【ホームラン】埼玉西武:中村22号 オリックス:小谷野5号




2−0と先制された直後の1回裏、2死2塁の場面で中村剛也選手が初球のストレートを振り抜くと、レフトスタンドへ鋭い当たりの同点2ランホームランですぐさま2−2に追いつきます。このゲームはバファローズの先発松葉投手でしたが、中村剛也選手がホームランにしたストレートが真ん中やや低めに入り、初回の松葉投手が投じた唯一の失投を逃さずに打ったホームランです。
そして中村剛也選手のバッティングで非常に大きかったのは、5回裏2死2塁の場面で6点目となるライトへのタイムリーヒットでしょう。B1-S2と追い込まれた状態でしたが、軽打のような形でボールをライト前に落としたようなバッティングでした。何とかセカンドランナーを返すんだ、というバッティングです。アウトコースのチェンジアップを拾ったようなバッティングでしたが、セカンドフライにもなりやすい打撃なのですが、これも中村剛也選手の技術でしょう。

また打撃の状態が良ければ、サードの守りの状態も良くなります。このゲーム先発の岡本洋介投手は、毎イニングピンチを作って非常に厳しい状況でした。しかし4回表の大城選手を打ち取った当たりや、3回表の中島選手を打ち取った当たりなど、中村剛也選手の素晴らしい守りだったと思います。このゲーム勝利投手になった岡本洋介投手ですが、中村剛也選手の守りも素晴らしかったと思います。

野手でもう1人ヒーローの名前を挙げるとすると、やはり山川穂高選手でしょう。エルネスト・メヒア選手に代わり6番ファーストでスタメン出場しました。2−2の同点で迎えた4回表ですが、1死1塁2塁の場面で、B2からの3球目のアウトコースのフォークボールを振り抜き、左中間への2点タイムリー2ベースヒットを放ちます。低めに沈むボールであったと思いますが、パワーで外野フェンスまで運びました。
第一打席は少しずれればホームランかという当たりをファールにし、最後にアウトコースのボールに対応できずに空振り三振を喫してしまいましたが、第二打席でしっかりと結果を出してくれたことを評価するべきでしょう。エルネスト・メヒア選手が昨日のゲームでは3打席で交代して、このゲームではスタメン落ちになりました。特にどこかを痛めたという情報はありませんので、辻発彦監督とすればメヒア選手に刺激を与えたかったのでしょう。代役という言葉は適切でないかと思いますが、山川穂高選手がしっかりと結果を出してくれた事がチームにしてみれば非常に大きいと思います。

そしてこのゲームでは源田壮亮選手が2盗塁と金子侑司選手が1盗塁とチームで3盗塁を決めて、このゲームではライオンズらしい攻めを見ることができました。特に源田壮亮選手の2盗塁は得点に結びついていますし、27個目の盗塁は球団として新人最多盗塁記録を達成しました。盗塁王、新人王に向けての戦いになりますが、是非ともその両方を達成して欲しいものです。

少し触れましたが、先発した岡本洋介投手ですが、5イニングを投げて被安打4、与四死球6、1奪三振で2失点で4勝目を挙げました。正直よく2点で済んだな、という印象です。
やはりストライクを取るのに苦労し、ストレートでも変化球でも軸になるボールどころか、カウントを整えるボールも見いだせませんでした。
上に書いた通り、変化球を引っ掛けさせてサードの中村剛也選手がうまく捌いてアウトにしてもらったり、バファローズ打線の打ち損じを誘ったりと言うかたちでした。
ただバッテリーを組んだ岡田雅利捕手が、もっと低くとか、特徴でも大きなジェスチャーで岡本洋介投手をしっかりとリードしていたように感じます。このゲームでは結果オーライのような形でしたが、それでも岡本洋介投手1人で貯金を4つ作ってくれています。ライオンズの貯金が11ですから、そのうちの1/3強を岡本洋介投手が作ってくれています。内容はともかく、この結果を評価するべきでしょう。

初回にホームランを許して0−2となってしまったゲームですが、「2点くらい取られても・・・」という雰囲気がチームに出ています。ですので中村剛也選手の同点ホームランを呼び、中盤で逆転に成功しました。
この流れのまま、明日は中5日で菊池雄星投手が登場となります。ここは3タテし、次のマリーンズ戦をいい形で迎えて欲しいものです。




SOD(ソフト・オン・デマンド)ch

2017.07.25 vs オリックスバファローズ

2017.07.25 18:00開始 at メットライフドーム 
埼玉西武○7-2オリックス
【勝利投手】十亀(5勝4敗0S)

【敗戦投手】ディクソン(7勝6敗0S)

【ホームラン】埼玉西武:中村21号 オリックス:吉田正2号




今シーズン非常に苦手とし、メットライフドームでは1勝もできていないバファローズ戦ですが、なんとかディクソン投手を攻略し、先発の十亀剣投手がしっかりとゲームを作って勝ちを拾いこんでほしいところです。やはりライオンズより順位が下のバファローズに大きく負け越すようであれば上位追撃どころではないでしょうから、まずはカードの頭をしっかりと勝ってほしいところです。
先発の十亀剣投手ですが、7月は4試合目の登板になりますが、今月は未勝利(2敗)となっています。しかしこの間でゲームメイクをしてくれていますので、何とか勝ちをつけてほしいところです。

立ち上がり1回表に1番吉田選手にツーベースヒットを許して、2番西野選手には打ち取ったファーストゴロなのですが、十亀剣投手のファーストへのベースカバーが遅れて内野安打になってしまい、無死1塁3塁とピンチを作ってしまいます。ここで3番小島選手に犠牲フライを許して先制点を取られてしまいます。しかし後続は絶ち、この1点のみで切り抜けたことを評価するべきでしょう。
確かにフィールディングミスはありましたが、立ち上がりからライオンズがなかなか打ち崩すことのできないディクソン投手が相手ということで、十亀剣投手にもプレッシャーのようなものはあったと思います。
結果として6イニングを投げて85球、被安打5、無四球で2失点で1ヶ月振りの勝利投手になり、これで5勝目。1つ勝ち越しができました。もちろんナイスピッチングだったと思いますが、辻発彦監督も少し触れていたように、もう1イニングでも長く投げてくれれば、尚良かったと思います。
個人的には6回表に吉田選手に許したホームランもそうですが、奪三振をもう少し多く取っていけるようになれば、必要以上に粘られることが少なく済むのではないかと思います。具体的に言えば、ストレートの他、スライダーやカーブを投げるのですが、縦変化のボールであるシンカー、これを今後どのように使っていくか、ポイントになっていくのだろうと考えています。

攻撃では0-1で迎えた1回裏、先頭の秋山翔吾選手がレフト前ヒットで出塁、2番源田壮亮選手を迎えます。この打席では3球目と4球目にランエンドヒットをかけてランナーを動かそうとしたのですが、惜しくもファールになってしまいました。B2から2球連続でファールになってB2-S2の並行カウントになってしまいましたので、この時点でなかなかランエンドヒットを仕掛けることが難しいカウントになってしまいます。そして5球目6球目と2球ファールの後に、源田壮亮選手も何とか引っ張ってランナーを進めようとしますが、ここで併殺打に倒れてしまいます。これも流れですかね。ライオンズがチームとして好調なときには、もっとランエンドヒット等の走塁による攻めがしっかりとできていたように感じますが、後半戦に入ってややこのような走塁が影を潜めています。やはり好投手が相手になるときこそ、しっかりと走塁による責ができるか否かが勝利の鍵になるはずです。
特に源田壮亮選手の併殺打の後に、3番浅村栄斗選手にヒットが出ました。このあたりも巡り合わせが良くないと感じる部分ですね。4番エルネスト・メヒア選手に逆転2ランホームランでも出れば、ゲームの流れは一気に変わるのですが、チームとして苦手とするナックルカーブで空振り三振に倒れてしまい、1回裏が無得点で終わってしまいます。やはりこの初回の攻撃が何か重苦しいゲームの雰囲気を作り出してしまったようにも感じます。

しかし0−1と1点ビハインドで迎えた4回裏、1死の場面でフルカウントから中村剛也選手がディクソン投手が投じた真ん中のナックルカーブを振り抜くと、打球はバックスクリーンへ素晴らしい同点ホームランでした。やはり半速球をフルスイングすれば、中村剛也選手にしてみればいとも簡単なホームランになるでしょう。
更に5回裏はバファローズ先発のディクソン投手が握力も無くなってきた頃でしょうか。先頭の8番岡田雅利選手が死球で出塁すると、9番金子侑司選手がセンター前ヒットで続きます。ここは辻発彦監督の采配に注目したいのですが、よく強硬策を選択したな、と感じます。次が1番秋山翔吾選手ですので、送りバントで得点圏に進めることも1つの采配でしょう。ただ最近5試合で打率5割と好調な金子侑司選手の打撃に賭けたのでしょう。これこそ「恐怖の9番」であります。特に左打席では非常に強いスイングができている金子侑司選手ですから、辻発彦監督も信頼したのでしょう。
続く秋山翔吾選手のタイムリー2ベースヒット、源田壮亮選手のレフトへの2点タイムリーヒットで4−1と勝ち越しに成功したイニングになりました。これが非常に大きく、苦手ディクソン投手に負けを付けられたこと、非常に大きかったと感じています。

炎獅子ユニフォームで4連勝と、縁起が良いイベントになっています。この流れに乗って、どんどん勝って、少しでも上位との差を詰めてほしいところですね。明日は岡本洋介投手、勝ちパターンリリーバーのうち、ブライアン・シュリッター投手増田達至投手を温存することができました。ですので6イニングを何とか投げてくれれば勝利が見えてくるでしょう。そういった意味でもこのゲームの勝利は大きかったと思います。




SOD(ソフト・オン・デマンド)ch
おすすめサイト

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

宜しければ投票お願いします
たこやまオススメ商品

自然体

新品価格
¥1,620から
(2015/12/25 08:38時点)

おすすめサイト
QRコード
QRコード