レオ様にっき ~埼玉西武ライオンズファンブログ~


ライオンズファンのライオンズファンによるライオンズファンのためのブログです。


CATCH the ALL
つかみ取れ!

育成コーチが増加するライオンズ

球団からのプレスリリースで、今シーズンは2軍投手コーチを務めた清川栄治コーチが、来シーズンは育成コーチに配置転換されることが決定しました。また今シーズン、ファームの打撃兼内野守備走塁コーチを務めている赤田将吾コーチはもともと育成コーチでしたので、清川栄治コーチで3人目、投手担当としては初となります。

また同時に現役を引退した鬼崎裕司選手が育成コーチに新たに就任します。
今シーズンは星孝典コーチが育成コーチを務めており、今後星孝典コーチが配置転換や解任が無ければ、来シーズンは3名の育成コーチを置くことになります。余談ではありますが、これで全ての役割(野手、バッテリー、投手)に育成コーチを置くことになります。

そもそも育成コーチという肩書は、育成選手だけを指導するわけではありません。ライオンズは今年のドラフト会議でどのような指名を行うかは分かりませんが、現段階では育成選手がいません。
ですのでファームの遠征に帯同しない残留組や、ファームの全体練習の補佐、また選手個々の指導やマネージャー的な仕事まで、守備範囲が広いのです。
またライオンズではドラフトで育成選手を大量に指名することは、寮や西武第二球場の設備的に不可能ですので、ホークスやジャイアンツが行っている育成選手の大量獲得も考えにくいでしょう。ですので来シーズン育成コーチを務める3コーチも、このような仕事に就くのではないかと考えられます。

現在のコーチ契約について発表がありませんが、個人的な予想では交代するポジションは少ないのではないかと思います。強いて言えば1軍の嶋重宣打撃コーチの補佐を行うコーチが阿部真宏コーチですが、ここは交代で右バッターであったコーチを招聘する可能性はあるでしょう。

そして来シーズンは投手コーチが不足しますので、2名ほどの補充が必要でしょう。森慎二投手コーチが急逝しましたので、その代役として西口文也コーチが1軍のブルペン担当投手コーチで入閣していますが、御存知の通りリリーフ経験がそこまで多くない西口文也コーチはブルペンよりも投手チーフコーチが望ましいでしょう。ですので2軍投手コーチに復帰する可能性が高いのではないかと見ています。
ですので「1軍ブルペン担当コーチ」と「2軍投手コーチ」の2名の補充は必要でないかと感じます。個人的な意見ではありますが、ブルペン担当では今シーズン途中までドラゴンズで投手コーチを務めていた友利結(デニー友利)コーチを招聘できないものか、と考えています。レッドソックスで巡回コーチの経験もありますし、何よりメジャーリーグ流の調整を取り入れている土肥義弘投手コーチの良き理解者になってくれるだろうと考えています。

本題に戻りますが、この3名の育成コーチ就任は「コーチの目」を増やすことで、これまでのチームより一層育成力を強化しようという意図がうかがえます。
もちろん先発投手やサードを守れる選手など、チームとして足らない部分は補強しなければならないと考えています。しかしチーム力の根幹は「育成」にあると思っています。今シーズンのカープとジャイアンツを見れば明らかで、補強ばかりに頼っていてもBクラスに転落してしまいますし、育成がしっかりとしていれば連覇も可能です。また育成に舵を切りつつあるタイガースも2位という結果でした。
もちろん全てを真似できるわけでないですが、選手をしっかりと育成し、勝てるチーム作りを行うためにまずはコーチの目を増やして、選手を育てる、これをライオンズはしっかりやるということで理解します。

「育成のライオンズ」の構築のため、まずはファームの育成コーチの目を増やし、サポート体制を構築した事は西武球団のファインプレーだと思います。あとはドラフト会議で、その指導にかなう選手を獲得すること、これにかかっているでしょう。選手の育成をより強化することで、来シーズン以降どのような選手がファームから育ってくるのか、非常に楽しみにしております。




SOD(ソフト・オン・デマンド)ch

ライオンズ FA選手の去就

CS敗退から一夜明けて、ライオンズにてFA権を取得済みの選手たちの去就に関する情報が入ってきています。ライオンズに関しては毎シーズンシーズン終了と同時にFA移籍に関する話題が非常に多く、非常にやるせない部分でしょう。球団としてはFA資格者のケアをシーズン中からしっかりとやっているのかがやや疑問になります。まず情報が出ている選手は下記の通りです。

・牧田和久投手
ポスティングを使ってのメジャーリーグ移籍も視野に入れているようです。
これから西武球団との話し合いになりますが、西武球団側がポスティング移籍を容認しないのであれば、国内FA権を行使する可能性もあるのではないかと思います。
ただ来シーズンオフには順調に行けば海外FA権を取得しますので、牧田和久投手のメジャーリーグ移籍の意思がどれだけ堅いか、ということになるでしょう。

・炭谷銀仁朗捕手
FA権行使を検討しているようです。
やはり今シーズンは出場機会が非常に減ってしまい、辻発彦監督としても森友哉捕手と岡田雅利捕手を特に後半戦は多く起用しています。これを踏まえての行使になるでしょう。しかし野球選手である以上、レギュラーを取らなければ意味がありません。
ライオンズとしては非常に痛いのですが、レギュラーを取りやすいチームへ移籍することが本人にとってはプラスなのでしょう。

・野上亮磨投手
今シーズンは先発で11勝を挙げており、FA市場で人気が上がっているようです。ただ年俸ランクがBランクかCランクかで変わってくるはずです。
仮にライオンズへの補償が不要なCランクである場合、人気が出そうにも思います。ただ炭谷銀仁朗捕手と牧田和久投手に比べ、残留する可能性は高いと個人的には見ていますので、渡辺久信SDが中心となって誠意を持った交渉をするべきでしょう。交渉さえ間違えなければ、残留してくれるはずです。


また菊池雄星投手に関してはポスティングシステムを使ってのメジャーリーグ移籍は今シーズンオフは認めない方針のようです。やはりリーグ優勝を達成していない点とやはりホークス戦で1勝もしていない点が大きいでしょう。ですので球団側の判断は妥当なのではないかと思います。
戦力面で見ても来シーズン菊池雄星投手が抜けてしまえば、エースが居なくなるわけでリーグ優勝などと言っている場合ではないでしょう。

来シーズンに向けての戦力補強は外国人の先発投手とサードを守れる選手を再優先にするべきでしょう。サードに関してはジャイアンツを戦力外となった村田修一選手や本職ではありませんが松井稼頭央選手をサードにコンバートし中村剛也選手永江恭平選手などと併用する形も面白いのではないかと密かに考えています。
中村剛也選手エルネスト・メヒア選手に高額年俸を支払っていますので、西武球団として補強に使える予算は厳しいのでしょう。非常に少ない予算の中でFA選手の引き留めと補強をしなければならず厳しい状況ですね。ですのでFA権を取得した3名全員の残留は厳しいと思っています。
あとは今シーズンのように現有戦力の底上げを含めて、勝てる選手層を構築するため、渡辺久信SDを中心とした編成がしっかりと行ってほしいと思います。




SOD(ソフト・オン・デマンド)ch
おすすめサイト

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

宜しければ投票お願いします
たこやまオススメ商品

自然体

新品価格
¥1,620から
(2015/12/25 08:38時点)

おすすめサイト
QRコード
QRコード